【ルッコの新記事】学研ゼミのスマートドリル小学講座を始めた4つの理由【口コミ評判】

ベビーマッサージ教室開業は集客が難しい。資格はとるべきか。

本当に稼げるの?ベビーマッサージ教室運営の実態。の続きです。

ベビマ教室の集客は難しい?!

月の収入をぐんぐん増やすためには週に何度もレッスンをしたらいいではないか!!と思うかもしれませんが、ベビーマッサージの集客は結構難しいんです。

理由をいくつか挙げます。

 

◎最近は、もうすでにお教室の数が都心部では飽和状態と思われる。

これは、私の感覚です。東北の中心部から離れた友達なんかはそんなお教室

近所には探してもないよと言っていました。田舎の方はチャンス!?

まぁ、赤ちゃん人口も少ないかもしれませんが。

 

◎リピーターは見込めない。

ベビマって結局はママがやるものなんです。

何度もお教室に足を運ぶ人はあまりいません。

レッスンで学んでおうちで実践してみましょうっていう感じです。

教室の対象としているベビーちゃんの月齢も限られています。

リピートしていくには他に理由がないとダメです。

ベビマのあとのベビーヨガとか、リトミックとか、

ママのためのリフレクソロジーとか。

 

◎公民館やサークルでの格安講座が存在する。

我が家の住んでいる地域とお友達の住んでいる地域は

公民館などでの格安単発講座が存在します。

ベビーマッサージ講座がその場でのオイル代だけで100~500円で受けられたりします。

ママ友も作れるし、安いし、ニーズが合えばそんな講座は魅力的ですよね。

スポンサーリンク

◎大手が出てきた。

ベビマ教室は自宅開業の個人が多かったのですが、少しずつカルチャーセンターで取り入れられたり

何人かの講師が集まって運営されている法人の教室があったり

幼児教室のベビー向け講座として開催されているものもあります。

どう考えても信頼度はそちらの方がありそうに見えるです。

ホームページもしっかりしていて実績もあって。

個人では太刀打ちできないような集客力を持っています。

 

 

そんなこんなで、集客は簡単ではありません。

お金をかけて宣伝したり、講師自身がかなり魅力的だったり、既に違うお教室を開業していたり、

そんな方でしたらぐいぐいお客さんも増えていく可能性もありますが。

 

実際に私のお友達は何もない状態からお教室を開き、成功させて色々な場所から講師として招かれたり雑誌に載ったりしていました。

ただ、こういう例はまれだと思っていてください。

 

ワイズマミーの場合

もう、記事を終わらせてもいいやとも思ったのですが、一応自分の経験も

載せておこうかと思いまして。

興味がありましたら読んでいってください。

 

冒頭でも書きましたが私もベビマ資格取りました。

今では海老原英里さん効果で大きくなった、あの団体です。

当時はヨガ、整体の学校っていうイメージのほうが強かったかもしれません。

受講料も、もっともっと安かったです。

6万円くらいでしたか。

教材費、人形やオイル、タオル、受講費、受験料、全部込でした。

ベビマ講座を受けている人は他の科のクラスも受けれるということで

アロマ、ヨガ、整体を学べるこの団体での講座を決意しました。

 

色々と勉強して娘に実践。夫にも実践(笑)

ベビーマッサージは愛を伝える素晴らしいコミュニケーション方法だと感じました。

今は7歳、5歳、3歳の子供たち、もうベビーじゃないけれどいまだに

「ベビーマッサージして!!」

とよく言います。

肌と肌の触れ合いは愛情を感じるんですよ、本当に。

しかも娘たちが私にマッサージしてくれることもあります。愛おしくなります。

それだけで十分勉強した価値があったかなと思っています。

でも、それは受講費が比較的安かったから言えるのかもしれませんが。

 

 

さてさて、資格取得後ですが友達親子に練習レッスンさせてもらったことがありました。

一緒に行ってくれた母が娘の面倒を見てくれていました。

レッスン中、我が家の娘はヤキモチやいてぎゃーがーうるさくてたまらなかったです(汗)

2回目も同様でした。

その時に、私は思いました。

ベビーマッサージは親子の絆を深めるために学んだものだから

私が他の人にレッスンして娘が嫌な思いをしたら本末転倒。

 

まぁ、部屋も狭いし、子供が散らかす部屋をレッスンの度にきれ~にするのも一苦労だし

他人に住所を教えるリスクもあったり、母に預けられないときの保育料など・・・

 

そんなわけで、ベビマ教室をすることはやめました。

 

今ではレッスン&オイルをプレゼントという形で

出産した友達や親戚に無料レッスンを時々しています。

 

何度も言いますがこれで納得できたのも受講料が安かったからです。

たぶん30万円払っていたら、なかなかそうは思えなかったと思います。

(そもそもそんな講座には私は手を出しませんが。)

 

その後だんだんとベビマは広がって、私が受講したところの団体もどんどんと大きくなり

どんどんとお金儲けっぽい空気がでてきました。(と、私が勝手に感じています。)

資格更新するための講座や年会費があったり、認定講師として活動するにはこのオイルを使って

このタオルを使って、こう言う風にやりましょうと団体に色々と指示される。

 

ベビーマッサージって本当に素晴らしいコミュニケーションツールなんですが

それがどんどん商用利用されていくことになんだか悲しい気持ちも最近感じます。

(まぁ、そういう需要(?)もあるのだろうから仕方ないけど。)

だから、認定講師としての活動にもちょっとためらいがあるのかな??

でももし、いつかベビーマッサージ教室をするとしたら認定講師としてではなく個人でやります。

そしてベビーマッサージで最も大切なことを伝えたいと思います↓

ベビーマッサージとは~子供への「愛」を本気で考えてほしいから~

まとめ

ベビーマッサージ講師が稼げるかどうかというと、それほどでもないかもしれません。

おうちで、時間がある時に自分でスケジュールを組んでレッスンでき、それでいて

少し収入になるということで、自由度+お小遣い稼ぎにはなりそうです。

 

資格やお金はともあれ、ベビーマッサージはとっても素晴らしい親子のコミュニケーションツールです。

プレママ、乳児を抱えるママならば、わが子のためにベビマを学んで実践しましょう。

自分の子供に実践もしないで人に教えるなんておかしな話ですから。

家庭の中で続けてみましょう。

それで、やっぱりベビマが好き、人に伝えたい!!と思えたら

その時講座を受けたらいいのではないかと思います。

 

それだけの熱意があれば、稼げる云々は二の次の話と思えるかもしれませんね♪

 

 

おまけ

とりあえず格安で講座を受けてみようという方にオススメはこちら。

 

ベビーマッサージを始め関連のある6つの講座がネットダウンロード版の格安で47000円で受けられるようです。

この教室が長女出産当時あったなら私はここで受けてたかもなぁ。

Cerieを卒業した方々が全国にいらっしゃるようで、どんな資格取得してどんな活動をしているのかを教室ブログやホームページで見てみてはいかがでしょうか↓↓

http://www.jcta.cerie.info/index.php?disp=mytopic.php&topic=13

 

それでもお金はないけれど、ベビーマッサージに興味がある方は、まずベビーマッサージの本で学んでみましょう。

図書館に行けば無料で何冊も読めます!

4か所くらい図書館いきましたがどの図書館にもベビマ関連で数冊ありました。

1冊くらいは自分でDVD付きの本を買ってみるといいかもしれません。

乳児の発育についての本も数冊読みましょう。

どこかの育児サイト10サイトくらいの乳児の発育についての箇所を読むのもいいです。

産前産後のママの体と心についての本も少し読んでおいてください。

アロマテラピーのサイトや本でエッセンシャルオイル、キャリアオイルについて学んでください。

 

 

一つの項目について1つの本ではなく数冊読むと色んな角度から一つのテーマを理解できて良いと思います。

全部で20冊ほど本を読めたら、知識としてはベビマ講座を受けた方並になっているかもしれません。

いや、講座によってはそれ以上かもしれません。

 

公民館などでやっているベビーマッサージ講座に何度も顔を出してみましょう。

教え方や手技の勉強になります。

力の入れ具合など、講師に質問してみたらいいです。

ベビーマッサージは教える団体によって手技が違ってきます。

自分の子供で実践してください。

何度も何度もやってください。

レッスンプランを組んで50回ほどボランティアレッスンを開催してみて

改善点をみつけてもらいレッスン改善していってください。

ここまで出来たらそこらへんの大金をかけて資格取得した新米ベビマ講師よりも経験豊富な講師だと私は思います。

ベビーマッサージの資格取った私が言うのもなんですが、この資格はそんなもんだと思っています。

 

★関連記事★

本当に稼げるの?ベビーマッサージ教室運営の実態。

赤ちゃんの子育てにベビーマッサージを取り入れるメリットとは

ベビーマッサージとは~子供への「愛」を本気で考えてほしいから~


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA