【ルッコの新記事】学研ゼミのスマートドリル小学講座を始めた4つの理由【口コミ評判】

赤ちゃんの子育てにベビーマッサージを取り入れるメリットとは

ベビーマッサージを子供たちにし続けて7年目のルッコです。(2017年時点)

長女が産まれた時にベビーマッサージの存在を知り、勉強して資格を取ってしまいました。

お教室を運営なんかはしていません。

でもベビーマッサージを学んで本当に良かったと思っています。

赤ちゃんの子育てに沢山のメリットをもたらしてくれます。

どうしてそう思うのか、それを今回は綴りたいと思います。

 

ベビーマッサージとは

ベビーマッサージって何??と聞かれたら私はこう答えています。

「赤ちゃんとの愛のコミュニケーションツールの一つ。」

他にももっと素晴らしい側面がありますが、私にとってそれが一番大きな目的でありベビーマッサージの存在意義かなと思っています。

 

もう少しベビーマッサージについて少し詳しく説明します。

ベビーマッサージをされたことはなくても、乾布摩擦やお腹が痛い時にお腹をのの字にさすってもらったことはありませんか?

愛情と皮膚への刺激を与える行為は昔から存在していました。

ベビーマッサージはそんな自然に行われていた行為が体系的になった現代の皮膚刺激の形と考えてもいいかもしれません。

様々な研究でベビーマッサージの有効性が証明されています。

赤ちゃんの体をさすってあげることで自律神経や免疫、ホルモンなどに働きかけ、

人間が持っている自然治癒力を高めていくことができ、強い体を作る手助けをします。

スポンサーリンク

ベビーマッサージのメリット

ベビーマッサージの効果、それが赤ちゃんの子育てにベビーマッサージを取り入れるメリットだと思います。

☆赤ちゃんへの6大効果

  1. リラックスタイムを作り、親子の絆を深めます。
  2. 子どもの身体と心と脳の発達を促します。
  3. 子どもの体を健康に促します。
  4. 子どもの病気予防、病気の早期発見につながります。
  5. 子どもの情緒安定につながります。
  6. 子どもの人格形成によい影響を与えます。

 

体にも働きかけますが心への影響が強いです。

人間関係をつくる最初の一歩が家族です。

幼少期の家族環境や親からの愛情が大人になってからの人間関係に影響を与えると聞いたことがありませんか?

赤ちゃんが安心できる、守られていると感じる状況を作り、

安定した精神状態を保たせてあげることは親が子供にあげられる大きなプレゼントです。

またそれは、将来の人格形成、また人間関係によい影響を与えるのです。

 

赤ちゃんを育てるって思っていた以上に大変な日々です。

特にベビーマッサージは赤ちゃん子育てが大変で辛いと思っている人にこそ行ってほしいと感じます。

意図的に赤ちゃんと向き合ってゆっくりとした時間を持つことはお母さんの情緒の安定にもつながります。

子育てと言う忙しい日々の中で親子で共にゆっくりとした時間を持つことはストレス軽減につながります。

赤ちゃんのストレスが軽減されるとぐずりや夜泣きの減少にもつながり、

お母さんとしては育児ストレスの負担が軽くなる傾向にあるとも言われています。

 

まとめ

意図的に赤ちゃんと向き合う時間を作ると言葉は通じなくても何か特別な絆が深まるのです。

これがコミュニケーションツールの一つと私が言っているものかもしれません。

愛を伝えるためには、言葉、ハグ、料理、手紙などなど沢山の方法があります。

ベビーマッサージも愛を伝えるための方法の一つです。

愛を伝えるベビーマッサージを是非、赤ちゃん子育てに取り入れてみてください。

ベビーマッサージとは~子供への「愛」を本気で考えてほしいから~

 

【写真付】ベビーマッサージのやり方・方法:脚


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA