何度も泣いた。母乳がなかなか出なくて傷付いた心。

母乳が足りなくて悲しい気持ちになった人ではなく

完全母乳育児をしている人達に読んでもらいたいと願って私の経験をかきます。

 

第1子のイチコを妊娠中は出産一ヶ月前まで仕事をしていて、

あまり自分の身体や育児について情報収集したり学んだりしていませんでした。

 

そんな私が出産し、ぶち当たった最初の壁が母乳でした。

産んだら母乳は出ると思っていました。

 

母も母乳育児でした。

親族の先輩ママ達も母乳育児をしていました。

出産直前に話したママ友2人が母乳バンバン出る方々で、

「病院でおっぱいパンパンで一杯飲んで〜って感じだったよ。産んだら出る出る!」

と言って、残った母乳パッドをくれました。

 

だから、私も産んだら出ると勝手に思っていました。

実際は違いました。

 

 

 

吸ってもでない。

一つの部屋で集まって授乳する病院でしたが、

3日ほどすると周りのママたちは少しずつ出てくる。

出る人はバンバン出て夜中も授乳していました。

私は全然でない。

イチコは吸ってもくれない。

助産師はそんなイチコの背中をドンドンと叩く。

首を持っておっぱいに押し付ける。

ぐいぐいグイ。

全然だめ。

ドンドン叩く、押し付けるを繰り返す。

心の中で、「あぁ、もうやめて、可哀想。」と何度も思いました。

とにかく吸わせなきゃ母乳は出ないし、赤ちゃんも吸い方が上手になっていかない

っていうのをその時は知りませんでした。

とにかく、助産師に背中をドンドンされている娘が可哀想で仕方ありませんでした。

 

授乳タイムが終わって部屋に帰る度に泣いていました。

 

出ると思っていた母乳が全然でないから。

 

退院する日でさえ、初乳がじわっと滲む程度でした。

 

結局、イチコは母乳とミルクの混合育児になりました。

今考えると、おっぱいがしこりが出るほど張ったり、お風呂上がりにポタポタ母乳がたれたりして、完全母乳で行ける!!というサインがあったのですが母乳に関する知識がほとんどなく、産後の「私は出ないんだ。」という気持ちを引きずってしまっていたと思います。

 

混合でもいい!この子が成長していくなら!!

とは思っていましたが、心の奥では完母で育てたかったなという思いを

完全に消し去ることができていませんでした。

 

だからこそ、何度も傷つきました。

 

ママ友が集まっていたある日、私はミルクの用意をセカセカしていました。

他2人は完母で赤ちゃんを育てている先輩ママ達でした。

「ミルクってどうやって作るんだっけ?病院でやったっきりだから忘れちゃったよ。」

その言葉が何だか心に刺さりました。

ミルクを飲ませるという行為が私にとっては本来は願った行為ではなく、

それをやらずにすんでいる人達との完全なへだたりを感じた瞬間だったからでしょう。

 

その後もミルクの会話が続きます。

「ミルク代って結構かかるんだよね、たしか?」

「母乳は節約だね。」

「じゃ、母乳あげようか?いっぱい出るし!」

「私もまだまだ出るわ。」

「(2人)はははは(笑)」

 

二人ともよく知っていて、とってもいい人達です。

だから、発言に悪気がないのも分かっています。

私が勝手に被害者になって傷ついたということも理解しています。

でも、本当に悲しかったのです。

産後の繊細な心は張り裂けそうでした。

自分で手にしようと思っていたものが、手に入らず

それを持っている人達がそれをひけらかしているように感じたのかもしれません。

これってプライドなんでしょうか。

自分でもよくわかりません。

ただ、とにかく悲しい気持ちでいっぱいでした。

 

私が、最初に「完全母乳育児をしている人達にも読んでもらいたい」と書いたのは

さり気ない言葉で傷ついている人がいるという事を知ってもらいたかったからです。

 

母乳が思うように出ない人にとっては、母乳トークはとても繊細な話題だと

私はイチコを産んでから気づきました。

 

そして、第2子ニコは努力に努力を重ねて産後1ヶ月からは完全母乳でいきましたが

その時、あの2人のママ友達の気持ちも少し分かったような気がしました。

でも、イチコの時の経験があったので母乳トークにはかなり気を遣うようになりました。

スポンサーリンク

 

もう一つの経験です。

 

3ヶ月検診の時。

一人で保健所に行き、イチコとポツンと座っていました。

隣に座ったママが話しかけてくれました。

その会話の中で母乳トークになりました。

 

お隣さん「完母なの?」

私「いえ、ミルクあげています。」

お隣さん「え~、どうして?!働く予定とかあるの?」

 

心の中で、働く予定がない専業主婦はミルクを使っちゃいけないの??

足りなくてどうしようもなくて、仕方なくミルクを使っているひともいるのに!

と、多少憤りさえ感じてしまいました。

 

やっぱり、相手は悪気がないんですよ、たぶん。

 

他にも傷ついたり、悲しくなった言葉がいくつかありました。

 

「いいね、哺乳瓶使ってくれて。うちは、おっぱいだけで全然ダメ~。」 

「ミルク飲んでくれるといいよね。預けられるし。」

「完母は辛いよ。●●だし、●●だし、、、(と経験語る。)」

 などなど・・・

 

第2子を完母で育てたので、言っていることは分かります。

完母ではできないこともあるんですよね。

でもね、やっぱり、完母にしたかったのにできずにいて、

それを「あなたは良いわね。」みたいな言い方をされると

「全然よくない!!」と悲しくなるんです。

勝手に傷ついていると言われればそうかもしれないです。

でも、人間ってそういうものです。

 

軽い発言が意図していない感情を相手に抱かせてしまったり、

気分によって受け取り方が違ってしまったり。

 

そして、産後の心っていうのは、その感情をうまくコントロールできない時期でもあるんです。

難しい話題なんだと思います、「母乳」というものは。

 

混合育児、もしくはミルク育児でも全然気にしないで生活している人もいると思います。

 でも、私と同じように完全母乳育児ができなくて悲しくて傷ついている人もいるんです。

 

母乳をあげるという特別な経験は嬉しさもありますし、産後頑張っているママへの喜びの時間でもあります。

だから、母乳について語らないでほしいとは言いません。

完全母乳育児ができないことが悔しい、悲しいと思っている人がいるということを覚えていてほしいのです。

 

それが、この記事に込めた私の願いです。

 

 もし、母乳の出が悪くて悩んでいる方がいたらこちらの記事も読んでみてください。↓

「出にくい私でも完母でいけた!母乳の出を良くする5つの方法」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA