全額自己負担じゃないの?妊娠・出産で健康保険が適用されるケースがあります。

妊娠・出産は病気ではないので、妊娠が順調で、普通分娩であれば大抵、健康保険適用外で医療保険もききません。

全額自己負担が基本です。

 

ただし、何かしらトラブルがあり治療が必要な場合は健康保険が適用されることがあります。

(※健康保険と医療保険は別物です)

 

健康保険が適用されると、大雑把に言えば医療費の3割を窓口で払うだけで済むということです。

 

風邪で病院に行った場合と同じです。

では、その妊娠・出産で健康保険適用されるのはどんな場合なのかみてみましょう。

 

健康保険が適用されるケース

【妊娠中】

●流産・早産

●切迫流産・切迫早産

●つわり(重症妊娠悪阻(じゅうしょうにんしんおそ))

●子宮頚管無力症(しきゅうけいかんむりょくしょう

●妊娠高血圧症候群(にんしんこうけつあつしょうこうぐん)

●逆子、前置胎盤(ぜんちたいばん)の超音波検査

●死産 

●前期破水

など

 

 

【出産】

●止血目的の点滴

●吸引分娩

●鉗子(かんし)分娩

●陣痛促進剤の使用

●帝王切開

●赤ちゃんの異常で治療室へ入院

など

 

上記のトラブルに関連しての投薬料、治療費、入院費なども

健康保険適用の対象になる場合が多いです。

通常の健診では適用にならない超音波検査も、

異常がある場合の検査では適用になります。

 

高額療養費

さらに、健康保険適用の医療費が高額になったときは「高額療養費」を利用できます。

「高額療養費」とは、同じ月にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、

一定の金額を超えた分が、あとで加入の健康保険から払い戻される制度です。

 (健康保険料を滞納していると交付を受けらるないこともありますのでご注意を!)

スポンサーリンク

 

年齢や所得に応じて、支払う医療費の上限が決められていて、

いくつかの条件を満たすことでさらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

自己負担額は世帯で合算することができます。

 

この制度は平成27年1月に改正されていますので、

最新の資料は厚生労働省のHPでご確認ください。

 

医療保険

さらに、さらに、健康保険適用の入院や手術をした場合は

医療保険の保険金がもらえる可能性もありますので

ご加入の保険会社に聞いてみるといいでしょう!!

 

保険金がもらえるかどうかはネットやママ友に聞いてもなかなか分かりません。

保険会社、入っている保険の種類によって規約が全然違いますから。

 

せっかく入ってる保険ですから、対象かどうか分からなくても

とりあえず、担当者や保険会社に電話だけでもしてみましょう。

お金がおりなくても、経験と知識は増えますから。

 

 

まとめ

通常の妊娠・出産は病気ではないから、健康保険適用外、

治療が必要な妊娠・出産は健康保険適用される

と覚えておいてください。

 

色々と書いてきましたが、一番いいのは何のトラブルもなく

元気な赤ちゃんを産むことですよね。

 

妊婦の皆様、出産、頑張ってください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA