オリンピック2018フィギュアスケートのスケジュール(再放送あり)

冬季オリンピックの中でも私が好きなのはフィギュアスケート。

私の中では長野オリンピックがかなり印象的だったなぁ。

初めて真面目に見た冬季オリンピックだったから。

イリヤ・クーリックのあの余裕と安心を与えてくれる滑りに惚れました。

力強いかつエンターテイメント性に長けているキャンデロロの演技も大好きでした。

女子もペアもアイスダンスも全部見てた!!

テニス部だったけどコートで真似して踊ってたなぁ(笑)←テニスしなさい!!

もう20年前か。。。

・・・時は流れ、(だいぶ流れたよね・・・)

技術も上がりどんどん違う選手たちがフィギュアスケートを盛り上げてくれています。

 

 

ということで、今回の平昌オリンピックでもフィギュアスケートを楽しみにしている方々が大勢いると思いますので

フィギュアスケートのテレビ放映スケジュールを分かりやいすようにまとめてみました。

フィギュアスケートライブ放送(中継)

色がついている部分はライブ放送です。

色がついてない部分は録画放送。

ペアショート、ペアフリー、アイスダンスショートのライブ放送はないようですが録画放送があります。

アイスダンスフリーはNHK総合でライブ放送です。

アイスダンスやペアは日本はランキングがあまり高くないので日本国民の皆様の関心も少し薄いのでしょうか。

私は結構好きなんですけどね。

ペアのダイナミックな演技・・・というか神業は必見ですよ(*’▽’)

アイスダンスの男女息のそろったステップとか振り付けは見入ってしまいます。

是非、平昌オリンピックでもお楽しみください♪

スポンサーリンク

フィギュアスケート団体戦

フィギュアスケートの団体競技は2014年ソチオリンピックから始まりました。

簡単なルールの説明です。

◆団体戦出場資格とルール 男女シングル、ペア、アイスダンス4種目中3種目以上の出場枠を持つ国と地域で、国際スケート連盟(ISU)の各種目ランキング合計上位10カ国が参加。個人で複数枠を持つチームは予選と決勝で選手交代可能。ショートプログラム(SP)、ショートダンス(SD)で1位から10位まで10~1点が与えられ、4種目合計の上位5チームが、フリーの決勝に進む。予選と決勝の合計得点で順位が決まる。

(https://www.nikkansports.com/sports/news/201710010000195.html)

ってことで、日本はポイントによるとランキング4位なので、団体戦出場します。

フィギュア団体予選スケジュール↓

2月9日:男子ショート、ペアショート

2月10日:女子ショート、アイスダンスショート、

それで、5位以内に入っていれば決勝にすすみます。

 

フィギュア団体決勝スケジュール↓

2月10日:ペアフリー

2月11日:男子フリー、女子フリー、アイスダンスフリー

 

フィギュア団体 出場者

ペアとアイスダンスは日本は1組ずつしか枠がないので予選も決勝も出る人はわかっています。

ペア:須崎海羽&木原龍一

アイスダンス:村本哉中&クリス・リード

 

男子はショートとフリーで別々の人が出ると思いますが、

個人での出場者が羽生選手、田中選手、宇野選手の3名のうちだれが団体戦にでてくれるのでしょうか??

 

女子は坂本選手と宮原選手がショートとフリーどちらがどちらをすべるのか。

出場者は直前にわかるそうです。

 

ワクワクしてきたぁ!!!!

早く見たい~~~。

寝不足にならずに見れるオリンピック、楽しみましょう♪

2018オリンピック開会式の放送時間:2/9、19:30~NHKで☆再放送情報

平昌オリンピック「サザンカ」涙と元気が出るテーマソング(応援歌)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA