裁縫苦手でもできる★子供の日、端午の節句は手作り飾りでお祝いしてみよう!!

我が家には男子が二人。

でも、実は端午の節句の飾り物は何一つありませんでした。

長女の時は産まれて実家にいる間に初節句が近づいてきたのでひな人形の話も出て買ったのですが

長男が産まれて2か月後には入園があり、準備にドタバタ、入園してドタバタで

娘が幼稚園で作ってきた鯉のぼりを飾ったら娘二人とも兜と鯉のぼりをいっぱい作って飾ってその年はそれで満足しちゃいました。

 

翌年、母が武者人形を買うと言ってくれたのですが私、日本人形が苦手。

ひな人形はギリギリOK。娘のは顔が優しいのを選んだつもり。

でも、小さい頃から家にあった日本人形、武者人形、祖母の家の人形たちが怖くて怖くて、武者人形は絶対に家にはおきたくないのです。

母が、じゃ兜か鎧をって言ってくれたのですが何だかしっくりこなくて、結局翌年もどうしようかどうしようかと悩んでいたら

児童館や幼稚園で鯉のぼりや兜の工作を飾って時が過ぎていきました。

今年、男子が二人になったことだしやっぱり何か・・・と考えて私が手作りすることにしました。

 

ごついのじゃなくて可愛いのが良かったのでまずはイメージをつかむために調べました。

(完全に子供のためというか、自分のため?!)

可愛いんだけど、ちょっと寂しく物足りないかな。

 

素敵なんだけど、サイズが11cm×11cmで、存在感が全然ないような・・・。

 

存在感はあるのですが、全長約115cm。

長男が引っ張って壊れて私が撃沈するに違いない・・・。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ちりめん細工キット・錦彩 桃太郎【RCP】
価格:1231円(税込、送料別) (2017/4/12時点)

可愛いのですがやっぱり私がイメージしているものよりも小さい。

(9.5cm×幅18cm×奥行10cm)

 

可愛いですぅ。

でも、つるすのよりも置くものがいいなぁ。

 

とか、いろいろ贅沢言いながら調べていました。

色々とキットが売られているので興味がある方は下記のお店見て見てください。

端午の節句、手作り特集が組まれています。

 

で、いきついたのがこちら↓

 

 

これ、手作りきっとじゃありません。

11880円でばか高いわけではないので買えばよかったのですが、

もう頭は手作りモードだったのでこんな感じのを手作りしようっていう発想になってしまっていました。

 

そして購入したのがコチラ。

先ほど紹介した全長約115cmの存在感があるつるし飾りの単品売りです。

コチラのお店でも、端午の節句の手作りキットが沢山売られていました。

 

私が購入したのは先ほどの鯉のぼり(小)と以下のキットです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東芸ちりめん手芸キット 端午雅び飾り3278「出世兜」 端午の節句
価格:810円(税込、送料別) (2017/4/12時点)

 

 

夜な夜な作りまして、とりあえず完成形がこちら。

桐箱を買おうと思っていたのですが、なかなか一人で買い物に行ける時間がなく、

子供達を連れて色々探しながらゆったり買い物なんてできず(スーパーですら満足に買い物できません。)

今年はリビングに設置してある飾り棚にちょこんと置くことにしました。

ダイソーに行って、黄緑のフェルト買ってきてモデルの「箱段お飾りセット」みたいに敷きたかったのですが

ダイソーに行く時間すら最近ありません。。。

でも、これはこれでまぁ、可愛いです。

スポンサーリンク

何と言っても3歳の息子が喜んでくれているのがすっごく嬉しいのです。

子供達が寝静まった後に針仕事をして、作業途中のものを小さな段ボールに入れていたのですが長男が翌朝その箱を触っていました。

「針が入っていて危ないから触らないでね。これは、太郎(長男)、二郎(次男)のためだよ~。お母さん頑張ってつくるからね。」

と言ったらその日から箱を見ても勝手に触ることはありませんでした。

毎朝毎朝、どのくらいできた??と尋ねてきて出来上がりが楽しみのようでした。

飾り棚に飾ったらすぐに気づいてくれて、

「ママ、俺のためにありがとう!!」

「俺と二郎のだよね。パパのでもお姉ちゃんたちのでもないよね!!」

「ママ、作るの上手だね!!」

と嬉しそうな発言をしてくれます。

 

これだけでも作った甲斐がありました。

 

今回、買ったきっとは4つ、送料合わせて¥3768

お値段の割にはいいものができたんじゃないかと個人的には思っています。

 

以下はこのキットについてのレビューです。

この手作りキット、パッケージには製作時間30分~1時間って書いてありました。

私は裁縫が得意ではない方。

クラフトは好き。

 

端午のまりは、1時間以内で作れました。

縫うところは上の鈴を付けるだけだったかな。

これは結構楽しかったです。

 

兜は、途中で何度か泣いた二郎の世話をしながら3時間くらいかかりました。

正方形の生地を縫うのに時間がかかりました。

ミシンでやってもいいなら早いのですが、ちりめんだからやめた方がいいですよね。

出来た時に一番感動したのが兜。かっこいいです。

 

鯉のぼりたちはカラフルで可愛い。

購入ページの写真とは違うちりめん生地で、届いた物の方が好みで良かったです。

3つで3時間くらいかかりました。

細かく言うと、最初の一つ目が1時間半くらい、2個目、3個目と少しずつコツをつかんで時短できました。

縫うところをボンドでちゃちゃっととめてみたり。。。

細かい作業で肩が凝ってしまいましたが、達成感半端ない。

自己肯定につながります(笑)

ちなみに、こちらはつるし飾り用なので自立しません。

私は糸をつけて、上からつるしています。

棚にくっついているのでゆらゆらはしません。

 

元気犬張子も1時間くらい。

これは最後に作ったのですが、どんどんいい意味で適当になっていっていた私。

説明書を軽く読みつつも縫わないでボンド使えるところはボンド利用で時短です。

 

裁縫上手さんは30分でできるのかしら??

得意でない方は1つ作製に1時間と考えておくといいかもしれません。

 

それから必要材料はキットの中にあるのですが、別途用意するものが購入ページに書いてあります。

「針、縫い糸、色糸、はさみ、定規、ボンド、目打ち、ピンセット。」

作るものによって違うかもしれませんが、こんな感じです。

私、目打ちは持っていません。でもシャーペンで代用しました。

細かいところに必要なんですが、なくてもできると思います。

ピンセットも同様。

 

ボンドを使う時は爪楊枝があると便利です。

 

これにしてよかったと思うのは、来年も付け加えられるところ。

飾りのアレンジが出来るところ。

 

今年はひとまずこの飾り棚で飾ります。

来年は桐箱を買ってきたいと思います。

そして、できたらキットを買い足してもいいかも。

 

子供達がもっと大きくなって飾りにいたずらしないような歳になったら

もっともっと作って大きなつるし飾りにしてもいいかもなぁ。

 

それかもっとおしゃれな飾り方を見つけようかな。

なんて、色々と想像を膨らませています。

 

こちらのキットは28種類くらいありました。

好きなものを選んで作れるのはいいですね。

 

私のイメージや好みが全面に出た記事なので、読者の皆様のお役に立ったかどうかは分かりませんが、

端午の節句の飾りを手作りしようと思って居られる皆様、思い出に残ると思いますのでおススメします!!

 

頑張ってくださいね~~~♪

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA