産前産後の骨盤ベルト、トコちゃんベルト以外もあります!

恥骨痛体験記「油断しないで!いつ来るか分からない妊産婦を襲う恥骨痛。」

恥骨痛軽減奮闘記「産前産後の恥骨痛。骨盤体操や運動は絶対にやった方がいい!!」

に引き続き今回が恥骨痛についてはラスト記事です。

 

タイトル通り、トコちゃんベルトを始めとした骨盤ベルトについてです。

 

 

トコちゃんベルト

妊婦検診の際に恥骨痛で辛いと先生に話すと我慢するしかないと言われました。

妊娠中だけでなく産後数か月まで我慢するしかないんだと。

そしてトコちゃんベルトを勧められました。

これです↓

結論を申しますとすっごくいいです!

助産師であり整体師でもある渡部信子先生と言う方が考案した商品。

さすが体の事を分かってらっしゃる!と感じました。

妊娠中だけではなくて分娩中も、産後直後からずっと使えます。

分娩中、血液などで汚れるのが嫌な方は使い捨てのこちらがおススメ↓

骨盤の事やベルトがどうして必要かなど詳しく知りたい方は是非、トコちゃんベルトの製造元のホームページで調べてみてください。

(https://tocochan.jp/contents/mother/backbone.php?PRID=MC001)

凄く詳しく説明してくれています。

ちなみに、トコちゃんベルトは1,2,3とシリーズであります。

私が買ったのは2。

恥骨痛に即効性のあるトコちゃんベルト1を買おうかと思ったのですが

「ただし、このベルトは上手に着用する事が難しいため、必ずトコちゃんベルトアドバイザーなどの指導を受けた上でご使用ください。」

との記載があったのでやめました。

指導を受けられない方はトコちゃんベルト2とアンダーベルトでダブル巻きをするといいとありました。

私は第1子分娩時に病院がしてくれた簡易ベルト(上の健美ベルトと同じかな?)が残っていたのでアンダーベルトは買わずにこれで代用しました。

 

恥骨結合にゆるみがないけど痛みがあるという方はトコちゃんベルト2、恥骨結合にゆるみがあるかたはトコちゃんベルト1かダブル巻き。

恥骨結合のゆるみの調べ方についてはこちらを見てみてください↓

https://www.tocochan.jp/contents/handbook/select_belt/select_belt_r.php?Q01=3

 

 

トコちゃんベルトは付け方もコツがあるし、種類もあるし付属品も色々とありますが、それだけ体の症状が違う妊婦さんに対応できるという事です。

どのベルトにしたらいいのか分からない方は下記のトコちゃんベルト選び診断をしてみてください。

そして、販売店さんのホームページでもつけ方や何が必要か、細かく書いてありますのでお体の症状に合わせて購入検討してみてください。

 

私は、このダブル巻きで痛みがだいぶ緩和されました。

ただ、これは痛みが治るわけじゃないんです。

恥骨痛の原因でも書いた通り、妊娠によるホルモンの影響と胎児が骨盤に負荷をかけているので、恥骨痛を感じたら妊娠中は痛みはなくならないと思っていた方がよいでしょう。いや、胎児はドンドン大きくなっていきますから痛みは増していくと考えていてください。

ベルトは寝るときもします。その方が楽です。お風呂以外ずーっとしています。

トイレの時も外さなくていいように着用方法があります。

だから、洗い替え用にもう一つあるといいです。

既に恥骨痛で悩んでいる人は最初から2本セットを買うといいでしょう。

ちなみに、腹巻ですが、これは夏には暑いです。

クーラーを効かせたお部屋ならOKですが、真夏に腹巻&ベルトで外出はキツイ。

でも腹巻しないと、このベルト汗を吸わないので私はすこーしかぶれました。

ちょっと口コミ情報でした。

 

骨盤ベルト選び「やめようポイント」!!

骨盤ベルトって巷ではたーくさん出回っていますね。

妊娠中、産後共に使えるものがいいと思います。

というか、骨盤の引き締める場所は大転子ですからそこを締めてくれれば基本的に妊娠中も産後も使えるはずです。

 

こんなのは絶対に選ばないで!!という「やめようポイント」をお伝えします。

(※妊娠出産に伴う骨盤のゆるみや痛みに対処するための商品という観点です。)

 

①お腹に圧がかかるものはやめよう

妊娠中に妊婦ガードルや腹帯をするのはママにも胎児にもよくありません。

妊娠中におヘソの上までしっかり締めると、子宮の中で赤ちゃんがお母さんの背骨に押しつけられます。すると、その間にある大静脈が圧迫され、下半身から静脈血が心臓に戻りにくくなり、足がむくんだり(浮腫ふしゅ)、静脈が太く浮き出るようになります(静脈瘤じょうみゃくりゅう)。

(https://tocochan.jp/contents/mother/catch.php?PRID=MF001)

一時的に支えられているようで楽に思われるかもしれませんがお腹に圧がかかると胎児に栄養や酸素もいきずらいです。

 

産後に至っては、プロポーションを取り戻すためにとか伸びた子宮を刺激して収縮させるとかの目的で産褥ガードルやウェストニッパーなどがありますが、骨盤が柔らかいうちにウエストをしめると、内臓は下に追いやられそれを受けて骨盤も下の方が広がってしまうのだそうです。

骨盤

良い骨盤の形は上のイラストのようにハート型や洗面器型なんていわれたりします。

上前腸骨棘より上部の腰骨を、ガードルやウエストニッパー、産褥ニッパーで締め付けると、テコの原理で骨盤の底面積が拡大し、洗面器型であるべき骨盤がすそ広がりのずん胴型になり、ますます骨盤が広がってしまいます。

(https://tocochan.jp/contents/mother/catch.php?PRID=MF001)

そんなこと知らずに、第一子出産後は産後すぐにウエストニッパー使っちゃいました。

母にもウエストは締めないともとに戻らなくなるとか言っていたので、知らない人も多いかもしれませんね。

妊娠中も、産後も骨盤のゆるみやすい時期にお腹を締めるものは選ばないようにしましょう!

 

②総伸縮素材のものはやめよう

伸縮素材とは、簡単に言えばゴムです。あなたは指に輪ゴムを巻きつけて、
しばらくしたら指が紫色に変わったのを見たことがありませんか?
ゴムは徐々に締めつける力が強くなるため、血液の循環が悪くなるのです。

このようなベルトを締めたまま座ったり寝たり、長時間動かずにいると、
足の静脈の血行が悪くなり、血液の固まり(血栓)ができやすくなり、
足がむくんだりしびれたりすることがありますのでご注意ください。

(https://tocochan.jp/contents/info/similar.php?PRID=MI001)

逆に、総伸縮素材でかなり伸びるけどサポート力のかなり弱いものもあるようです。

伸縮素材とそうでない部分の混合でしっかりとサポートしてくれるものを探しましょう。

 

③幅が広いものはやめよう

上にも書きましたが、お腹や骨盤の上の部分に圧がかかるのはゆるんでいる骨盤には止めた方がいいです。

骨盤ベルトという商品名でも、骨盤だけでゃなくお腹のサポートをしているものが見受けられます。

産後には、ピンポイントで恥骨・大転子という骨周辺だけを締める幅のベルトを選びましょう。

 

 

以上、ポイントは3つくらいでしょうか。

(他にも思いついたら以後更新していきます。)

私が第二子の産後、恥骨痛に苦しんでいた時に色々と調べてトコちゃんベルトを買いました。

単純に産婦人科の先生に勧められたからです。

痛みが緩和されるなら、、、と、他の選択肢は考えずに購入しました。

その後、洗い替えを買おうと思った時に少し調べましたが当時は産前産後使える商品がなかったように記憶しています。

 

でも、今回、この記事を書くにあたり色々と調べていく中で、トコちゃんベルト以外に

上記3点のポイントを避けた骨盤ケアに効果がありそうなベルトはないか、再度探してみることにしました。

ネットで説明や購入者レビューを読んだ限りですが、ありました!!

 

【赤ちゃんから母乳がでる⁈胸が膨らむ⁈男児にもある魔乳について。】

 産前産後骨盤ベルト for マタニティ&ママ 「パワフルギアF」

形がトコちゃんベルトに少し似ています。

恥骨痛が軽減されましたとのレビューがいくつもありました。

トコちゃんベルトを以前使っていた方のレビューもありました。

2人目妊娠中です。1人目の時からト○ちゃんベルトを使用していました。使い心地もよく気に入っていたのですが、使い過ぎたせいか折れグセがついてしまったのと、7月に入って暑い日が続いた時に蒸れが気になってしまって..↓↓
しかしお腹も大きくなって、なんとなく腰やら恥骨やら痛くなってきた気がする..これからのマイナートラブルのためにも、切迫早産防止のためにも骨盤ベルトは手離せない!!と思い、新しい骨盤ベルトを探していてたどり着きました。
キュー○ベリーと最後まで悩んだのですが、装着が簡単なのと、メッシュで後ろをしっかり支えてくれそうなのが決め手でこちらにしました。お値段も手が出しやすかったです。
結果、とてもいいです!!装着もしやすく、安定感があります。フリーサイズで産前産後使えるのも嬉しい限りです。
やはり骨盤ベルトをしていると生活しやすいです。
まだ長く使用していないので、不具合なども出てくるかもしれませんが、今のところ、しばらくお世話になること確実です。
配送も早くて助かりました。

(https://review.rakuten.co.jp/item/1/261977_10004241/2.1/)

助産師、医師が開発に携わっています。

トコちゃんベルトと違うのは公式オンラインショップのQ&Aで助産師が回答していた以下の事柄。

 

①就寝時は外してください。 

トコちゃんベルトの就寝時についてはこんな感じ。

基本的に着用の必要はありません。ただし、切迫早産で安静を指示されている方や、ベルトなしでは寝返りができない、起き上がれないような場合は着用をおすすめします。その際は必ず、「ズレ防止パーツ」をご使用ください。※ズレ防止パーツを使えない方は、腹巻と「トコちゃんアンダーベルトRENEW」もしくは「トコちゃんアンダーベルト」をご使用ください。

(https://tocochan.jp/contents/faq/faq_det.php?PRID=FQ001&CAT_CD=CA002#10006)

私はアンダーベルトかさらし使用でお風呂以外24時間体制で使っていました。

寝返りがかなり痛かったので就寝時何もせずにいたら悲惨なことになります。

 後に紹介するワコールやdaccoのベルトもトコちゃんベルトと同じようなスタンスです。

 

②産後2-3週間後からの着用がおススメ。

出産直後からベルトを付けてしまうと、悪露が出にくくなる可能性があるとのこと。

 

現代人の骨盤は必要以上にゆるんでいる人が多いことからトコちゃんベルトのホームページでは臨月も分娩中もお産直後も着用した方がいいと。

ちなみに、分娩中になぜベルトが必要かは、こちらのページでお読みください。

私的には、骨盤を締めて悪露が出にくくなるとは聞いたことがなく、骨盤の緩みや恥骨の痛みの解消がとても重要だと思うので産後すぐにベルトはした方がいいと思っています。

病院でもそう勧められました。

①と同じく着用時期についてもワコールやdaccoのベルトもトコちゃんベルトと同じようなスタンスです。

ま、この商品も自己責任でお産直後に使用したいと思えばそうしたらいいのかもしれませんが。

 

ちなみに、レビュー内にある悩んだもう一つの商品と言うのがこちら↓↓

いいレビューもあるんだけど、不評もあるし、お値段高いし、送料かかるし、、、

で、ルッコはオススメしません。

どうしても気になる方は、「30日間返金保証キャンペーン」を使って試してみてはどうでしょうか。

購入の際には返品規約をしっかりとお読みください。

 

ワコール 産前&産後 骨盤ベルト

もう一つみつけましたよ~↓

大手ワコールの商品です。

こちらももトコちゃんベルトに似ていますがお尻がつぶれずに済みそうな形状です(^▽^)

(公社)日本助産師会とワコール人間科学研究所が共同開発した商品です。

「(公社)日本助産師会推奨商品」だそうです。

 

おまけ 

産後だけでよければ、他にもありそうですが一点だけご紹介します。

送料無料で約3000円はリーズナブルでいいですね。

形を見る限り産前でもいけそうな感じですが・・・(ただの独り言。)

薄型なので外出時に服の下でも目立たないとのこと。

約半世紀、医療現場に必要な商品を提供し続けているハクゾウメディカル株式会社の産科用品です。


☆追記☆

マザーベルトの記事書きました。

マザーベルト(ハクゾウメディカル株式会社)は産前でも使えるのか?


以上、妊娠出産に伴う骨盤のゆるみや痛みに対処するためという観点から骨盤ベルトを探しました。

2ヶ月くらいは着用し、骨盤のぐらつきや痛みがなくなってきたら外出も増えていることでしょうし薄手のものに方に移行してもいいかもしれませんね。

 

骨盤ベルトは支えてくれているだけですから日々の体操や運動で骨盤を整えていきましょう!!

 

はぁ、今回この三つアップするのにどれだけ時間がかかったことか。

少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

お読みくださり、ありがとうございました(*^▽^*)

 

ルッコ

 

追記

産後は骨盤底筋を鍛えるエクササイズして尿漏れや骨盤周りの不調を防いでくださいね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です