寝相の悪い子供たちは親子ベッドでも危険かどうか。

我が家の子供たちは寝相が悪い。

特に夏。

冬は寒いから動かなくなります。

夏はゴロゴロゴロゴロ動きます。

8歳になった長女はだいぶ動きが減りましたが

6歳、3歳が動く動く。

 

だから二段ベッドはとっても危険だと思い断念しました。

省スペースなので二段ベッドが本当はよかったんですけどね。

ベッド選びについてはこちらの記事を参考に↓

寝相の悪い子供に二段ベッドは危険?親子ベッド+マットレス+敷布団が最適☆

この記事でも紹介しましたが、結局買ったベッドはこちらです。

色は白。気に入っています。

買ってから約1年ですが、満足です。

 

で、本題の、親子ベッドでも寝相の悪い子は危険かどうか。

 

寝相は子供によって違うし夜中の行動を何度も見ないとわからないものですが、

参考になれば幸いです。

 

●2歳児半~1年間(長男)

上段には寝せませんでした。

いつも下段で寝ていましたが、そこから落ちました。

横にも足の方にも落ちました。

気づいたら上段下のフローリングに寝ていたこともあります。

でも、高さがさほどないので落ちてもそんなに痛くないようで寝たままで全然起きません。

三歳半もこえて現在寒い季節。

あまり動かなくなりました。

ってことで、念願かなって上段で寝ることもしばしば。

今のところ落ちていません。夏は動くのでやめようと思います。。。

 

●5歳~1年間(次女)

去年、この親子ベッドの上段柵の入口がある方は壁につけていましたので

下段を引き出す側の上段の柵は入口がない状態でした。

この子が一番寝相が悪いのですが、どうしても上段で長女と2人で寝たいというので

寝かしてみたところ落ちませんでした。

 

しかし、2回目の夏ちょっと前に模様替えをした時に、入口が無い方を壁側にしてしまったのです。

もう移動させるのも面倒だし今まで上段から落ちなかったから大丈夫だろうとそのままにしました。

すると、上段柵の入口部分から夜中ニョロっと降りてきてしまうのです。

ニョロとか言いましたが、実際どんな風に降りてるのかわかりません(笑)

柵の切れ目から下段に降りて、下段からフローリングに降りて朝、気づくとフローリングで寝ていました。

そんなことが度々ありました。

涼しさを求めて移動するんでしょうね、きっと。

上段から夜中に降りますが落ちるわけではないっぽいので怪我はありませんでした。

 

●6歳半~1年間(長女)

ほとんど動かなくなりました。

厳密にはベッドから落ちたり移動したりはなくなったけれど

ベッド内で足を突っ張るのは小さいころから変わらず。

たまぁにみんなで和室に布団敷いて寝よう!!なんて子供たちがウキウキすることをやるのですが

(寝る場所が変わるだけでテンション高くなる子供たち(笑))

長女の近くにいると、大きな足で強く押されるので痛いです・・・。


 

と、我が家はこんな感じでございます。

参考に・・・・なったのでしょうか・・・・。

 

とにかく二段ベッドの上段ほど高くはないですが、

寝相がとっても悪い子は親子ベッドの上段もやめておいた方が無難です。

下段はあまり高さがないので、寝相が悪いなら下段で寝かしてあげましょう。

ちなみに、下段とはいえ柵がないと赤ちゃんは危険です。

10か月の次男を下段で昼寝させていて落ちたことがあり大泣きしました。

気を付けてください。

 

以上、親子ベッドで寝る我が家の子供たちの状態でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です